MIYOSHIN海外ニュース

世界の役立つ情報をわかりやすくお伝えします。

コロナウイルス

EUコロナ復興基金ー歴史的合意の裏に将来の火種が

フランスがリードした歴史的な合意 EU27か国首脳は、4日間のマラソン交渉を経て、コロナ復興基金に関する歴史的な合意に至りました。 これは独仏の外交勝利と言われていますが、やはりフランスの外交上手が目立ちましたね。 この国、戦争はあまり強くありま…

コロナ対策が評価されないデジタル後進国日本

コロナ対策「日本モデル」が海外で評価されない訳 日本でのコロナ死者数が、他国に比べ非常に少ない理由は何なのでしょうか。 過去のコロナ罹患歴、BCG接種等諸説ありますが、どれも決め手にかけます。 そんな中、米誌ニューズウィークで興味深い分析を見つ…

コロナ集団免疫予想外に早く実現かー欧米メディアの伝える研究結果

集団免疫とは コロナの感染を終息させるためには、集団免疫を獲得する必要があると言われています。 集団免疫を獲得するには、国民の何割が免疫を得ればよいのでしょうか。 これは一人の感染者が何人に移すかを表す「基本再生産数」にもよりますが、この数値…

コロナはどこから来たのかー動物由来感染症の頻発

新型コロナは一体どこから来たのでしょうか。動物由来の感染症であることはほぼ間違いありません。 英BBCが「Coronavirus : Fear over rise in animal to human diseases (コロナウイルス:動物由来感染症の増加への恐れ)」と題して、興味深い記事を掲載し…

コロナの影響ここにもーイナゴの大群アフリカで猛威を振るう

イナゴの大群、東アフリカで更に勢いを増す 6月1日のブログで、東アフリカに端を発したイナゴの大群がインド、パキスタンを襲った事を取り上げましたが、更に大型の大群が東アフリカで発生して、猛威を奮っている様です。 www.miyoshin.co.jp Economistが伝…

コロナがもたらすものー在宅勤務が日本を変える

在宅勤務の世界的普及 コロナ感染が引き起こしたものとして、よく取り上げられる在宅勤務ですが、これは世界的な傾向で、欧米では日本以上に普及が進んでいる様です。 ニューヨークの有名なビル、エンパイアステートビルで見られる変化に関して、ロイターが…

日本のコロナ死亡率は何故低いー理解に苦しむ外国メディア

不可解な日本人死者の少なさ 日本のコロナによる死者数は、7月3日の段階でわずかに976人、感染者数も19,068人と非常に少ない。 何故これだけ少ないのでしょう。 私もこれまで多くの研究者や医者の意見を聞いてきましたが、納得のいく説明は残念ながらありま…

中南米で急拡大するコロナ感染

コロナの勢いは止まらない コロナは、北半球の主要先進国では、一応の収まりをみせつつありますが、開発途上国では感染拡大が全く止まっていません。 特に中南米諸国では、猛烈な勢いで感染が広がっている様です。 日本を含めた先進国では、コロナ疲れといっ…

コロナの後に何が起こるかーフランスの子育て支援策

英国のライバル、フランスの特徴 昨日は英国について書きましたが、今日はその永遠のライバル、フランスについて書きたいと思います。 フランスは英国と色々な意味で対照的です。 食事がうまい。(英国の食事は動物の餌程度に思っている。) 制服が嫌い。 退…

コロナの演劇界への影響

渡辺えり子さん演劇界の窮状訴える 舞台女優の渡辺えり子さんがフェイスブック上で演劇関係者の窮状を訴えておられます。彼女の言葉通り、演劇は人と人が触れ合って生まれる芸術であり娯楽です。「コロナウイルス の影響で演劇関係者が今までにない大変な危…

コロナの後に何が起こるかー東京一極集中に変化

風が吹けば桶屋が儲かる トルコの新聞見てると、ヘーゼルナッツの輸出が今年4月末までの統計で昨年比5割増加したとの報道がありました。ご存知かと思いますが、ヘーゼルナッツはトルコが世界最大の生産者です。コロナウイルスとヘーゼルナッツの因果関係は…

東京オリンピックの行方は

オリンピックは本当に出来るの? 東京オリンピック、パラリンピックは来年に延期されました。本当に実施されるでしょうか。私はスポーツ大好き人間ですので、是非実施して欲しいのですが、客観的に見るとかなり厳しいと思います。その理由は下記の通りです。…

コロナの後に何が起こるか(7)

紙幣に付着するウイルス New York Timesは紙幣にウイルスが付着する危険性に関して「紙幣の上でインフルエンザウイルスは12日生きている」と伝えました。私は最近紙幣の使用を出来るだけ控えていますが、店によっては現金以外お断りの店があったりして、日本…

コロナのあぶり出すもの(10)

トルコ救援物資を米国に 4月29日にトルコの全国紙Hürriyetはトルコ政府が米国政府に送った救援物資について取り上げました。トルコ政府は軍用機でマスク、医療用防護服、殺菌用液体等を送った模様ですが、エルドアン大統領のトランプ大統領への親書も同時に…

コロナウイルス より怖い感染症

ボスポラス海峡で釣りを楽しむ親子 最大の死者を出す感染病は何か Bloombergはコロナウイルス による米国の死者数が6万人に迫り、ベトナム戦争の米国人死者数を超えたと報道しました。一方、日本は死者数が現時点で413人とかなり低く抑えられています。連日…

コロナの後に何が起こるか(6)

ボスポラス海峡 トルコで足止めをくらった外国人観光客 トルコの全国紙Hürriyetは自国に帰れなくなった外国人観光客に関する記事を記載しました。二つの事例が挙げられています。 トルコの有名なリゾート地であるアンタリアに滞在する約400名のロシア人観光…

コロナの後に何が起こるか(5)

ラスベガスの夜景 CNNでの論争 コロナウイルス の感染者は全世界で290万人近くに達し、死者数も20万人を超えました。ただ欧米では感染者数の増加に歯止めがかかり始め、ロックダウンの解除が議論され始めました。面白かったのはラスベガスの市長とCNN司会者…

コロナウイルスのあぶり出すもの(9)

日銀の株式市場買い支え コロナウイルスに関する非常事態宣言下、日銀の日本株買い支えが話題になっていますが、最近発表された日銀買い支えランキングを見て驚きました。下記の表ご参照ください。日銀の株式保有率が高い会社のランキングです。(Diamond Onl…

本庶先生のご意見ー目からウロコ

米国この冬に第二波襲来か 米紙ワシントン・ポストは「米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長が米国でこの冬、新型コロナの感染拡大の第2波とインフルエンザの流行が重なり、医療体制は一段と圧迫される恐れがあると発言した。」と伝えました…

外出自粛はいつ終わるのか

自粛疲れ出てきました 東京も外出自粛開始してから早2週間が経とうとしています。皆さんそろそろ自粛疲れ出てきてませんか。何時になったら自粛が解かれるのか。5月の連休明けに本当に自粛が解かれるのか心配されている方も多いでしょう。私も更に1ヶ月続…

原油価格暴落のもたらすもの

史上初の原油先物価格マイナスへ 原油の先物価格が歴史上初めてマイナス圏に突入しました。これにはびっくりしましたね。BBCは原油の5月の先物価格がマイナス37.63ドルと史上初めてマイナス価格を付けた事を伝えました。これ具体的に言うと、5月に原油を市場…

トルコの感染者数急増

トルコ感染者数でトップ10入り 今日ニュースを見てびっくりしました。愛するトルコの感染者数がなんと中国に迫る勢いで増加しています。下に貼り付けた日経作成のリストをご参照ください。本当の数字を発表しているかどうか疑わしい国もありますので、この…

コロナウイルスはどこから来たのか

武漢ウイルス研究所の存在 コロナウイルス がどこから来たのかについて、日本のマスコミはほとんど触れませんが、海外のメディアでは最近頻繁に取り上げられています。フランスのテレビ局France 24は武漢にある中国のウイルス研究所からこのウイルスが漏れた…

コロナウイルスがあぶり出すもの(8)

アフリカと中国の関係 今日はアフリカと中国の関係についてお伝えします。アフリカは日本からずいぶん遠いので、情報が入ってきません。日本の新聞でもアフリカに関する記事はほとんど目にしませんので、読者の方もイメージが沸きにくいと思います。そもそも…

歴史を変える病原菌

歴史を変えた病原菌 コロナウイルス のせいで、感染症の恐ろしさに世界中の関心が高まりました。本当に細菌やウイルスというのは大変な脅威であり、これだけ医学が進んでいても対応できないのですから、昔のペストや天然痘などは本当に恐ろしい病気だったと…

コロナウイルス の後に何がおこるか(4)

自粛はいつまで続くか 東京の感染者数は4日連続で最高値を更新しました。外出自粛はゴールデンウィーク明けまでと設定されましたが、その後も続く可能性ありだと思いますし、たとえ自粛が一旦解かれても、もとの生活には簡単に戻りません。オリンピックは来…

コロナウイルスがあぶり出すもの(7)

ステルス性ウイルスの猛威 昨日トルコでは累計の死者数が千人を突破しました。最初の患者が出てから1ヶ月も経たないのにこんな状態になるとは、改めてコロナウイルスの感染力には驚かされます。欧州では英国が心配です。昨日980名もの死者を出しました。1日…

コロナウイルスがあぶり出すもの(6)

欧州内での協力 連日コロナウイルス に関する暗い話題が続きますが、欧州で明るいニュースを耳にしましたので、お伝えします。以前のブログ(https://www.miyoshin.co.jp/entry/2020/03/25/005428 )で、EU の南北問題、即ちイタリア、スペイン等南欧諸国と…

武漢都市封鎖解除

フランスマスコミの報道 昨日仏テレビ局France 24が武漢の都市封鎖解除に関する報道を行ないました。今回の封鎖解除は解除と同時に町中のネオンサインが一斉に点火され、中国がコロナウイルス に対する戦いに見事に勝利した事を内外に印象付けるものだったの…

コロナウイルスの後に何が起こるか(3)

必ず春はやってくる 非常事態宣言発令の翌日です。世間はコロナウイルス に関する暗い話題に終始しています。ニューヨークの死者数は最高値を更新し、英国のジョンソン首相は集中治療室に入ってしまいました。確かにこのウイルスは世界中を混乱に陥れ、多く…